ヘッダー画像
アイテムで紫外線を徹底ガード

HOME

日焼け止め コラム
おすすめの日焼け止め
紫外線を効果的にカット
化粧下地が重要な理由
ファンデーションを活用

紫外線とわたしたちの関係

紫外線は、地球上にある電磁波の一種であり、常にわたしたちの身の回りに存在しています。
一般的にUV(B波)と呼ばれる紫外線ですが、人体に様々な影響を及ぼしています。たとえば医療機関などでの殺菌・消毒効果や、適度に浴びることによって新陳代謝を促しビタミンDの生成を促す作用もあります。
しかし、紫外線と聞いて最もイメージが強いのはやはり『日焼け』と言えるでしょう。
紫外線を浴びすぎることによって、細胞中でメラニンが生成され、皮膚を老化させてしまうのです。形がなく目に見えない紫外線を、わたしたちは無意識のうちに毎日大量に浴びている可能性があります。是非日焼け止め ランキングをチェックしてみてください。
紫外線を浴びやすい環境

紫外線は1年を通して常に存在します。中でも特に紫外線の量が多くなるのは春(4月ごろ)から夏(8月ごろ)にかけてだと言われています。
外出やレジャーなど、屋外で多く時間を過ごしやすい時期なので、つい紫外線を浴びていることを忘れてしまいがちです。痛みも何もありませんが、紫外線に晒された皮膚は確実にダメージを受けています。
それがしばらく経ってから、シミや日焼けという形で体に表れ、はじめて紫外線を浴びすぎたのだと気付く人がほとんどです。
また、季節を問わず、洗濯物干しや犬の散歩、営業の外回りなど、日常的に外に出る時間が多い人ほど、紫外線を長時間浴びているのです。

紫外線ダメージに有効な対策とは
極力浴びたくない紫外線ですが、全く外に出ずに過ごすことは不可能でしょう。
では、どのようにして紫外線をガードしたら良いのでしょうか。
夏場、街を見渡すと、黒い日傘や肘まで覆うロング手袋、サングラス、UVカット生地のカーディガンなどを身に着けている人を見かけると思います。
また、ドラッグストアなどでは数多くの日焼け止めクリームやジェルなどが売られています。紫外線を100%ブロックするのは難しいですが、最近では、環境や好みに合わせた紫外線対策が取れるよう、様々な日焼け止めアイテムがあるのです。

Copyright 2013 アイテムで紫外線を徹底ガード All rights reserved.

since 2013/12/11